取り扱い分野 CASE

【遺留分で340万円を獲得】不公平な遺言書に対して遺留分を獲得できた事例/60代女性

相続分野

依頼前の状況

ご相談者様は、父親が亡くなり、妹から遺言書を見せられました。遺言書は、父の財産、預貯金と不動産を妹に相続させるという内容でした。また、遺言執行者として妹が指定されておりました。ご相談者様は、納得ができず、当事務所へご相談にお見えになりました。

依頼内容

ご相談者様は、妹から遺産の内容すら明らかにされていなかったため、遺産の内容を明らかにした上で、自分の取り分が欲しいとご依頼くださいました。

対応と結果

ご依頼を受けた後、被相続人の死亡から間もなく一年が経過するところでしたので、遺留分侵害額請求の時効を迎える前に急いで内容証明郵便にて、相手方に対して遺留分侵害額請求権を行使する旨の意思表示をしました。
その際に、遺言執行者として財産開示義務を履行することも併せて求めました。
相手方による財産開示を経て、遺産の全容が明らかとなりましたので、不動産については現地調査を行ったり、他業の方と協力したりしながらご依頼者様に有利な財産評価をした上で、協議を行い、遺留分として340万円を取り戻すことができました。